極道恋人【完】

捌 /帰り道



━━━…


夜の11時半過ぎ。


「お疲れ様でしたー!」


私はラスト作業を終えてバイトを終えるためエロ店長に挨拶をした。


「おう!お疲れ様!」

「じゃあお先に失礼しますね。」

「あ…お前今日歩きやったけ?送ってかんくて大丈夫か?」




珍しく店長が心配してくれた。


「あ…あぁ、大丈夫ですよ。」

「やけど、最近この辺変なおっさん出るらしいで?」

「いやいや!私なんて襲いませんよ。」



ハッハッハー!


…自虐って悲しい。






「…それもそやな。」


同意すんじゃねーよっ!

0
  • しおりをはさむ
  • 2774
  • 404
/ 444ページ
このページを編集する