極道恋人【完】

玖 /事件後の説明



「…茜?」


朝起きて茜がいることに驚いた。


「…んん?あ!小雪!起きた!?」

ベッドに突っ伏して寝ていた茜は私の声に気付いてバッと起きて顔をあげた。



「…なんで茜が?」


私は突然の目の前の光景に驚きを隠せなかった。


「…昨日、卓さんからうちの店長に電話が入って心配で来たんよ。」






昨日…?

卓さん…?



……っ!







「茜…っ!天野さんが…っ!!」

私は昨日の出来事を思い出して茜に縋り付いた。

泣きそうになった。


「天野さんが捕まっちゃった…!」

0
  • しおりをはさむ
  • 2771
  • 401
/ 444ページ
このページを編集する