極道恋人【完】



「ねぇ…。」


私は小さい声で店長に切り出した。


「あ?」

「天野さん嫌がらないかな…。」


私は天野さんに会えるって聞いて喜んでたけど、改めて落ち着いて考えてみると天野さんは私に会いたくないかもしれない…。


¨お前と俺は住む世界が違う¨


あの言葉が忘れられない。



…あの時の冷たい目が忘れられない。














「は?國光やったら喜ぶんちゃう?」


…へ?



店長の口から出た言葉は想像もしていなかったことだった。


「や…でも私、邪魔とか言われちゃったし。」

0
  • しおりをはさむ
  • 2771
  • 401
/ 444ページ
このページを編集する