極道恋人【完】

玖 /別れの面会



━━━…



トクン




トクン…







心臓が高鳴って仕方ない。

















私は警察への説明を終えて天野さんと会うために面会室にいた。


警察からの質問はそりゃあもううっとうしいものばかりで、私のことなんて何ひとつ考えていないものだった。


同じことを何回も聞いてきたり。

私はヤられる前に…

あいつに犯される前に天野さんが助けてくれたから良かったものの…。


もしこれで犯されてからのこの警察からの質問だったら本当に人を信じられなくなるかもしれない。

0
  • しおりをはさむ
  • 2756
  • 385
/ 444ページ
このページを編集する