極道恋人Ⅱ【完】

壱 /私の恋人


まず初めに…

この作品は完全なるフィクションです。
作中に登場する人物や団体や店などは実在するものとは全く関係ありません。

またこの作品はラブコメディを目指して書いております。ノンフィクションではありません。

そして作中の職業などの細かい設定は読者の皆様に少しでも楽しんでもらえるようにと私が創造した部分がございます。

なので本来の職業の内容などとは異なる部分がございます。

また、本作品は作中に登場する職業を推進するものではございません。

最後に本作品を読み苦痛などを感じたり、損害を被った場合などに関して作者は一切の責任を負いません。

上の内容にご理解、ご了承していただける方のみこの作品をお読み下さい。


長文失礼致しました。


追伸…

堅苦しくなりましたが皆様に楽しく読んでいただける作品であることを私は望んでいます。
笑って泣いて皆様に愛される作品になれば良いな、と思っております。


ではでは!


ハチャメチャな物語をどうぞご覧ください(∀)

0
  • しおりをはさむ
  • 1285
  • 405
/ 444ページ
このページを編集する