気分日記

隙間の空いたドア

たまに自分が怖くなる

何を仕出かすか


外から聞こえる子供の泣き声

目を閉じて想像するの

小さな首をぎゅっと両手で絞めて

さらりと綺麗な頬に沢山の涙がたまって

だらっと落ちてゆく

初めは暴れてバタバタする手足も

どんどんスローになる

声にならないキュっという音が喉から絞り出て

最後はぱたりと静かになる


まだ私は自分を怖いと思える

想像だけで済んでいる

でもいつかそんな自分を受け入れてしまったら

そんな想像をする私は何も怖くなんかないって

思ってしまったら

0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 42ページ
このページを編集する