籠の中の感情

勿忘草
純文学・シリアス 2ページ(連載中) 351字 更新日 2017/11/04 読者 11人 公開 0 0

自殺前に母が最期に残した言葉「あんたは居ても居なくても一緒ね」。その言葉をずっと背負って生きて来た少女。生きてる意味を分からずに生きて来た少女は、自分を“求めて”くてる男性に縋って生きていた。愛された記憶のない少女を本当に愛してくれる男性(宮下 凌)に出会って人生が一変していく。

そして母がどうしてあんな言葉を残したのか、どうして少女を残して自殺してしまったのかその意味が…。


短編小説。
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 0
  • 0
このページを編集する