碧さんの作品一覧

寵愛の姫SS

192ページ(連載中) 31880字 更新日 2019/12/31 読者 25962人 公開

寵愛の姫、アフターストーリー。

赤い糸

4ページ(連載中) 498字 更新日 2016/08/04 読者 5052人 公開

口先だけの、薄っぺらい愛なんかいらない。心が求めるぐらい、欲しいのは、狂おしいぐらいの狂愛。

闇夜の華 壱 【完】編集中

416ページ(完結) 70979字 更新日 2019/02/13 読者 103001人 公開

アンジュ。そう呼ばれる彼女は闇の世界に君臨する、傷ついた1人の少女だった。

闇夜の華 弐 【完】

456ページ(完結) 70566字 更新日 2019/11/30 読者 27719人 公開

叶えたいのは、あの日の願いだけ。だから、邪魔をしないで?大人しく操られてくれるなら、優しくしてあげるから。

闇夜の華 参 【完】

414ページ(完結) 55655字 更新日 2019/11/30 読者 16616人 公開

一番に守りたかったのは自分自身。そう思っていたのは、嘘じゃない。騎士だって、何かがあれば切り捨てられたの。心に波紋が落ちた瞬間、変わるこの感情は。

闇夜の華 肆 【完】

437ページ(完結) 69603字 更新日 2019/12/12 読者 17284人 公開

立ち止まって、振り返ってみる。昔の自分は、どんな風だった?あぁ、そうだった。希望、未来、幸せ、明日への夢さえ、自分には何一つ無かった。ーーー君に出会うまでは。 

闇夜の華 伍 更新&編集中

42ページ(連載中) 6130字 更新日 2020/01/02 読者 7412人 公開

この先の試練の為に、ほんの少しの休息を。彼等と過ごす、束の間の安息日。作られた架空の人間、佐原瑠璃として、最後の思い出を。そして知る、“彼”の気持ちは・・・。

メシア―第1章―【完】

365ページ(完結) 43748字 更新日 2017/07/30 読者 117573人 公開

私を救ってくれた人は、狼のような救世主《メシア》。その瞳に映るのは、本当の私の心だった――…。

メシア―第2章―【完】

364ページ(完結) 43708字 更新日 2017/07/30 読者 46647人 公開

私を救ってくれた人は、狼のような救世主《メシア》。その瞳に映るのは、本当の私の心だった――…。

メシア―第3章―

84ページ(連載中) 9320字 更新日 2017/07/30 読者 25187人 公開

私を救ってくれた人は、狼のような救世主《メシア》。その瞳に映るのは、本当の私の心だった――…。

泡沫の恋

81ページ(連載中) 12452字 更新日 2016/08/04 読者 953人 公開

十代。私は初めて人を愛した。最初で最後の恋。でもそれは、許されない恋の始まり。だとしても、諦める事なんか出来なかった。でも、その恋を手放したのは、私の方でした。

―金の姫と闇の王―

178ページ(連載中) 23628字 更新日 2017/07/30 読者 6141人 公開

月夜に出会ったのは“闇の住人”のヴンパイア。そんなあなたが、私の最愛の人になりました――…。

銀龍Ⅰ―泣きさけぶ天使―更新停滞中

177ページ(連載中) 24886字 更新日 2016/08/04 読者 13294人 公開

暗闇の中、いつも探してた。満たされることのない心の最後のピースを。ずっと、誰かに愛されたかっただけだった。神様、私の願いは叶いますか?

太陽と月

165ページ(連載中) 20875字 更新日 2017/07/30 読者 779人 公開

【綺龍】――…それは、彼に繋がる、思い出の欠片。その欠片を私は守りたいと思った……。

寵愛の姫 Ⅰ【完】

382ページ(完結) 53317字 更新日 2017/04/23 読者 528800人 公開

絶望と悲しみ。 その先の真実の愛。 惹かれていた人との離別の後に待っていたのは、運命の相手との出会いだった。

寵愛の姫 Ⅱ【完】

440ページ(完結) 57420字 更新日 2016/08/04 読者 273543人 公開

絶望と悲しみ。 その先の真実の愛。 惹かれていた人との離別の後に待っていたのは、運命の相手との出会いだった。寵愛の姫。第2章。

寵愛の姫 Ⅲ 【完】

469ページ(完結) 78599字 更新日 2016/08/04 読者 248229人 公開

絶望と悲しみ。 その先の真実の愛。 惹かれていた人との離別の後に待っていたのは、運命の相手との出会いだった。寵愛の姫。第3章

寵愛の姫 Ⅳ【完結】

422ページ(完結) 69449字 更新日 2016/08/04 読者 174101人 公開

絶望と悲しみ。 その先の真実の愛。 惹かれていた人との離別の後に待っていたのは、運命の相手との出会いだった。寵愛の姫。最終章

寵愛の姫 《番外編》 【完】

342ページ(完結) 54223字 更新日 2016/08/29 読者 42400人 公開

彼、彼女達の秘密の物語。本編では語られなかった、沢山の狂愛を貴方に。注意、時系列はバラバラです。

このページを編集する