寵愛の姫 Ⅰ【完】

日常 /災禍




この街で守られていた事も知らず、ぬるま湯に浸かっていた私は、本当にバカだった。



少しの油断が、命取りだったのに。



「ねぇ、聞いてる?」



ナンパ男が、私の顔を除き込んでくる。



「…、」



はっと、男に焦点を合わせればニヤニヤと笑みを浮かべていた。



…何?



怪訝に男を見上げていれば、いきなり強引に腕を引っ張られて立たされる。



「っっ、いっ!!」



あまりの強い痛みに、私の顔が歪んだ。

0
  • しおりをはさむ
  • 395
  • 4281
/ 382ページ
このページを編集する