寵愛の姫 Ⅰ【完】

崩壊 /写真





「叶、くん…?」


「……。」





泣きそうになりなが名前を呼んでも、ぴくりとも叶くんの表情は変わらない。





「お前、売春してたんだな」




叶くんは冷たい目のまま、呆然と固まる私を見下ろして吐き捨てた。




「え…?」



売春?



……え?




ねぇ、ちょっとまって。




頭が混乱する。


0
  • しおりをはさむ
  • 395
  • 4281
/ 382ページ
このページを編集する