寵愛の姫 Ⅰ【完】

狂愛 /忘我






……気が付いたら、何時もの場所に座ってた。




いつの間に、ここまで歩いて来たんだろうか?








記憶が曖昧で、




…………良く覚えていない。









「……。」



ぼんやりと人の波を眺める。




一体、この中で私の存在をどれぐらいが認めてくれているのだろう。




…………そう考えたら、何だか自分がちっぽけな存在に思えた。



0
  • しおりをはさむ
  • 395
  • 4281
/ 382ページ
このページを編集する