寵愛の姫 Ⅰ【完】

狂愛 /接触―暁side―





きっちり5分。



銀次の運転で繁華街に辿り着いた俺は、大雅を連れて歩き出す。





ちらほら俺に頭を下げに来る奴等に一瞥も向けず歩むを進めれば、直ぐに見えてきた姿。



……膝を抱えて、小さく丸くなる華奢な身体。






「―――大丈夫か?」




声を掛ければ、億劫そうにその顔が持ち上げられた。



0
  • しおりをはさむ
  • 395
  • 4281
/ 382ページ
このページを編集する