寵愛の姫 Ⅰ【完】

新生活② /食事






「莉茉、他に欲しい物はあるか?」




暁が私の顔を覗き込む。




「…ないよ」



私は首を横に振った。




「もう、一杯買ったじゃない。」


「そうか?」


「…そうだよ。」




どこか不満そうな暁に苦笑いを浮かべる。




「ーーーなら、飯にするか。」




呟いた暁が私の肩を抱く腕に力を込めて歩き出した。


0
  • しおりをはさむ
  • 395
  • 4281
/ 382ページ
このページを編集する