寵愛の姫 Ⅰ【完】

新生活② /幼さ―大雅side―





「沢山あるな。」




しげしげと目の前にあるカップを見つめる暁。




はっきり言って、可愛い雑貨が売られているこの場所には、


……不釣り合いな姿だと思う。





―――あの暁がお揃いのカップを買おうとするなんて!!





「……ぷぷ。」




小さく俺は吹き出す。




暁達とは離れているから、多分聞かれてはいないだろう。





てか、どんだけ莉茉ちゃんには甘いんだよ…。


0
  • しおりをはさむ
  • 395
  • 4281
/ 382ページ
このページを編集する