寵愛の姫 Ⅰ【完】

新生活② /甘さ






「落ち着いたか?」





優しく頭を撫でてくれていた暁が、私の顔を覗き込む。






「…うん。」




心配そうな暁の瞳に、こくりと頷く。





それから、そっと凭れ掛かっていた身体を離した。





部屋に戻って来てからも、暁はずっと泣き続ける私を抱き締め続けてくれていて…。



…………その温もりに凄く安心した。



0
  • しおりをはさむ
  • 395
  • 4281
/ 382ページ
このページを編集する