寵愛の姫 Ⅰ【完】

新生活② /告白―暁side―





「……莉茉……。」


「………ん、」





無条件で俺を受け止める莉茉の唇の柔らかさを堪能する。




深く、



……どこまでも深く、お互いの舌を絡ませ、その華奢な身体を抱き締めた。






―――その声も。


―――息苦しさに歪む顔も。





香る香りにさえ、



………俺が欲情するのは、お前だけ。



0
  • しおりをはさむ
  • 395
  • 4281
/ 382ページ
このページを編集する