寵愛の姫 Ⅰ【完】

日常 /逢瀬―叶side―





それからも俺は毎日、莉茉の元へと通った。





「…叶、


お前何時もどこに行ってんだ?」





そんな俺に目敏い“仲間達”が気付かない訳もなく……。




仲間の問に、内心でぎくりと身を強張らせる。





「……叶?」



怪訝そうな仲間達の顔。





「……別に」




俺は曖昧に言葉を濁して、そのまま溜まり場を後にした。



0
  • しおりをはさむ
  • 395
  • 4281
/ 382ページ
このページを編集する