寵愛の姫 Ⅰ【完】

変化 /耐久―叶side―





「…っ、眩しい。」




照るつける太陽に顔を顰める。




それでも、この場所を動かないのは、君を待っているから。




……早く来い、莉茉。





「……、」



何度となく、腕の時計の針を確認してしまう。



そわそわと落ち着かない。





「ふっ、餓鬼じゃねぇだろ。」




思わず、自嘲の笑みが溢れた。



0
  • しおりをはさむ
  • 395
  • 4281
/ 382ページ
このページを編集する