寵愛の姫 Ⅱ【完】

蜜月 /本能














ずっと、ずっと。





探してた。




自分が生まれた意味を。






知りたかった。





私の存在する理由を。











誰か1人でも良い。





愛されたかった。







この世界の、たった1人だけて十分だったの。





必要とされたかった。











探して、さ迷って。





たどり着いたのは、貴方の腕の中でした。




0
  • しおりをはさむ
  • 297
  • 4242
/ 440ページ
このページを編集する