寵愛の姫 Ⅱ【完】

夜明け /寝顔―暁side―





「莉茉。」



ソファーに座らせた莉茉を見下ろす。




「うん?」




会社の室内を物珍しそうに見渡していた莉茉が俺を見上げた。




「大人しくしてろよ?」


「……ん、早くね?」



寂しそうに莉茉の瞳が揺らぐ。





…あぁ…


仕事なんかしたくねぇ。





このまま莉茉を押し倒して、思う存分、その身体を堪能したい。


0
  • しおりをはさむ
  • 305
  • 4260
/ 440ページ
このページを編集する