寵愛の姫 Ⅱ【完】

蜜月 /醜さ






「…俺に言わなくちゃいけない事?」


「……うん、叶くんとの事なんだけど…。」


「……。」



ぴたりと私の背中を撫でていた暁の手の動きが止まる。




「…私は叶くんが好き“だった”よ。」


「……だった?」





私の過去形の言い方に、怪訝そうな暁の声が落ちた。



0
  • しおりをはさむ
  • 303
  • 4257
/ 440ページ
このページを編集する