寵愛の姫 Ⅱ【完】

対面 /両親






「っ、何!?」




余りの大きな音に飛び上がる。





きょろきょろと室内を見渡せば、私を見て固まる女性の姿。





「……?」



……誰?



あっ、暁の知り合いとか…?





「…おい、」




不思議に首を傾げる私の後ろから低い暁の声。



びっくりして振り返れば、不機嫌な顔で女性の事をきつく睨み付けていた。


0
  • しおりをはさむ
  • 314
  • 4272
/ 440ページ
このページを編集する