寵愛の姫 Ⅱ【完】

対面 /感涙





「暁、良かったな。」


「…何がだよ。」


「ん?余計な“虫”が少なくなるだろう?」




暁の隣で、2人のやり取りを私は黙って聞いていた。




最後に頼さんはにやりと笑う。




……虫?



何の事だと首を捻る。




暁は虫が嫌いなんだろうか…?


0
  • しおりをはさむ
  • 305
  • 4260
/ 440ページ
このページを編集する