寵愛の姫 Ⅱ【完】






「…チッ、余計な事を莉茉に聞かるんじゃねぇよ。」




不機嫌そうな顔で頼さんを睨み付ける暁。




「それは、すまなかったな。」




そんな暁に頼さんは楽しげな笑みを浮かべた。



その顔は、悪戯っ子のように輝いている。




「…親父。」


「何だ?」


「悪いなんて、絶対に思ってねぇだろ?」



  • しおりをはさむ
  • 323
  • 4284
/ 440ページ
このページを編集する