寵愛の姫 Ⅱ【完】

対面 /誤解






「…あの…。」


「何だい?」


「…暁と一緒に暮らしてても良いんですか?」





問い掛けた私に一瞬、目を見開いたお父さんが直ぐに自分の顔から笑みを消す。





「莉茉さん。」


「は、はい?」


「暁と一瞬に暮らすのが嫌なら、今すぐにうちに来なさい。」


「……え?」





ぽかーんとお父さんの顔を私は見つめる。


0
  • しおりをはさむ
  • 297
  • 4242
/ 440ページ
このページを編集する