寵愛の姫 Ⅱ【完】






「勿論。」




満面の笑みでお母さんは頷く。



……ですよね。




一体、私はどこに連れて行かれるんだろう…。





「あぁ、楽しみ。」



お母さんの盛大なはしゃぎ様に口を噤む。





…これって…


断れない雰囲気…?





「ふふ、莉茉ちゃんも期待していてね?」


「…はぁ…。」





期待に胸を弾ませるお母さんに私は曖昧な笑みを浮かべた。


0
  • しおりをはさむ
  • 323
  • 4282
/ 440ページ
このページを編集する