寵愛の姫 Ⅱ【完】

対面 /渇望―暁side―





「…はぁ…。」



年甲斐もなくはしゃぎまくるお袋に曖昧な笑みを浮かべる莉茉。




2人の温度差が極端過ぎるぐらいに違ってた。




若干、莉茉の顔が引き攣っているのは気のせいじゃねぇな。




「…親父。」


「ん?」




お袋達のやり取りを眺めていた親父が俺に視線を向ける。


0
  • しおりをはさむ
  • 297
  • 4242
/ 440ページ
このページを編集する