寵愛の姫 Ⅱ【完】






「何、お袋に余計な事を言ってくれてんだよ。」


「余計な事?」


「莉茉を連れ出すなんて許可を出すわけがねぇだろが。」




勘弁してくれ。



ただでさえ暴走癖のあるお袋と莉茉が出掛けてみろ。



ぜってぇ、何かしらのトラブルに巻き込まれるに決まってる。


0
  • しおりをはさむ
  • 323
  • 4282
/ 440ページ
このページを編集する