寵愛の姫 Ⅱ【完】

前へ /意味―暁side―





「莉茉っ!?」



急に莉茉の顔が歪む。





「どうしたんだ?」


「っ、暁…。」





震える莉茉の指先が俺の服の裾を握り締めた。





「ご、めん…なさい。」




…………は?



涙を流して謝る莉茉を呆然と見つめる。




…なんで…




どうしてお前が俺に謝る必要があるんだよ。

0
  • しおりをはさむ
  • 303
  • 4257
/ 440ページ
このページを編集する