寵愛の姫 Ⅱ【完】

蜜月 /思慕―暁side―




「莉茉。」


「…ふぁ、暁…。」




抱き上げた莉茉に口付けを繰り返しながら、寝室へと向かう。




……何で、こんなに長いんだ?




悪態を心の内で付きながら、どうにか寝室に辿り着く。





「………ん。」




くちゅりと卑猥な音をさせながら唇を離せば、銀色の糸がぷつりと切れた。



0
  • しおりをはさむ
  • 297
  • 4242
/ 440ページ
このページを編集する