寵愛の姫 Ⅱ【完】

前へ /強さ






「…暁…。」




どこまでも、深く。




真っ直ぐに揺らぐ事のない愛を暁は、私に捧げてくれていた。





…なのに…




「…っ、ごめんなさい…。」




疑って…。




揺らいだのは私。




とても大事な事を見失いそうになっていた。





……ごめんなさい、暁。

0
  • しおりをはさむ
  • 309
  • 4265
/ 440ページ
このページを編集する