寵愛の姫 Ⅱ【完】

外出 /健気―暁side―






「あっ、来た。」




チャイムの音に、嬉しそうに莉茉が玄関に駆け寄る。





「おはよう、莉茉ちゃん。」


「おはようございます、お母さん。」




ドアの外に佇むお袋に、莉茉はにっこりと微笑んだ。




親父達と初めて顔を合わせた数日後の今日。



…………お出掛けとやらが実行されるらしい…。

0
  • しおりをはさむ
  • 297
  • 4242
/ 440ページ
このページを編集する