寵愛の姫 Ⅱ【完】

外出 /贈答






「ねぇ、これが莉茉ちゃんに似合いそう。」


「どれですか?」





お母さんが指差した先の小ケースを覗き込む。





「これよ、羽のやつ。」


「羽?」




目の前には羽の形をしたネックレスが置かれていた。



…お母さん…



さっきの私の話しを気にしてくれていたんだ…。






「えぇ、莉茉ちゃんは羽が好きなんでしょう?」




私に視線を向けたお母さんが優しく微笑む。

0
  • しおりをはさむ
  • 304
  • 4260
/ 440ページ
このページを編集する