寵愛の姫 Ⅱ【完】

蜜月 /満足





「……莉茉。」


「……。」





欲情を孕んだ暁の声にうっすらと目を開ければ、切なげな顔が私を見下ろす。





「…っ、暁…。」




その暁の顔に、ますま自分の身体が熱くなっていく。





「…暁、キスし…ん……。」




“したい”とねだろうとすれば、噛み付くような荒々しい口付けが落ちてくる。


0
  • しおりをはさむ
  • 304
  • 4260
/ 440ページ
このページを編集する