寵愛の姫 Ⅱ【完】

外出 /理由―暁side―






「莉茉。」


「何?」


「こっちに来い。」




…俺の側に…





「うん。」




手を差し出せば、にっこり微笑んだ莉茉がゆっくりと近付いて来る。




「莉茉、楽しんで来たか?」


「うん、暁これを見て。」





自分の手を差し出す莉茉。



…………何だ?





「ネイル可愛いでしょう?」





嬉しそうな表情で莉茉が顔を自慢げに綻ばせる。


0
  • しおりをはさむ
  • 297
  • 4242
/ 440ページ
このページを編集する