寵愛の姫 Ⅱ【完】

外出 /証明ー暁sideー





「お願い?」


「うん、お願い。」




頷いた莉茉が手に持っていた物を、俺へと差し出した。





「……ピアッサー?」


「そう、暁にピアスの穴を開けて欲しいの。」





じっと俺を見上げる莉茉。



決意に満ちた瞳。


0
  • しおりをはさむ
  • 297
  • 4242
/ 440ページ
このページを編集する