寵愛の姫 Ⅱ【完】

解放 /先代







「莉茉。」




車の中にいる私に暁の手が差し伸べられる。





「…ん。」





躊躇なく握り締めれば、強い力で引き寄せられた。




すっぽりと暁の腕の中に収まる私の身体。



それだけで、震えが止まる。






「大丈夫だ、莉茉。」


「…うん。」


「俺が側にいる。」


「うん。」





暁の腕の中で髪を撫でられながら、言葉を聞いた。


0
  • しおりをはさむ
  • 303
  • 4257
/ 440ページ
このページを編集する