寵愛の姫 Ⅱ【完】







―――痛感した。




もう、決してあの頃の2人には戻れないのだと…。




思い知らされた。

0
  • しおりをはさむ
  • 323
  • 4282
/ 440ページ
このページを編集する