寵愛の姫 Ⅱ【完】

解放 /感情―叶side―






「…う、ん…。」




伏せられた莉茉の瞳。




その事に胸が痛むけど、会えた喜びもあった。




…来てくれねぇかも。




そんな俺の不安は、目の前にいる莉茉の姿に掻き消えた。





「大丈夫だ、莉茉。」



俯く莉茉の顔を暁さんが覗き込む。




「…暁…。」


「俺がいる。」


「うん。」





暁さんが莉茉の細くて華奢な肩を引き寄せれば、その表情が和らいだ。


0
  • しおりをはさむ
  • 305
  • 4261
/ 440ページ
このページを編集する