寵愛の姫 Ⅱ【完】

解放 /謝罪







「莉茉。」


「っ、」




叶くんに名前を呼ばれて、少しだけ肩を振るわせた。




…それも一瞬で…




私の腰に添えられた暁の手に勇気を得る。




「…叶くん…。」


「っ、悪かった。」





……え?




視線を向けた私に勢い良く頭を下げた叶くんに目を見開いた。




…どうして…


叶くんが謝る必要なんかあるはずがないのに…。

0
  • しおりをはさむ
  • 305
  • 4260
/ 440ページ
このページを編集する