寵愛の姫 Ⅱ【完】







「叶くん…?」




何で謝るの?



そんな悲痛そうな顔をして…。






「お前を傷付けて…。」


「……。」


「信じられなくて、ごめん。」





ーーーーねぇ、叶くん。




苦しんでいたのは、私だけじゃなかったんだね。




…ずっと…


罪悪感と戦っていたの?




「…叶くん、頭を上げて?」



…あぁ…



すぅっと、身体に入った無駄な力が抜けていく。

  • しおりをはさむ
  • 323
  • 4284
/ 440ページ
このページを編集する