寵愛の姫 Ⅱ【完】

解放 /誓い―叶side―






「叶くん…?」




続きの言葉を飲み込んだ俺を、首を傾げた莉茉が不思議そうに見つめてる。





「っっ、」




…言えねぇよ。




あんなに傷付けたくせに…。





どの面下げて好きなんて、




………愛してるなんて告白が出来るんだよ。


0
  • しおりをはさむ
  • 303
  • 4257
/ 440ページ
このページを編集する