寵愛の姫 Ⅱ【完】







「っ、莉茉は―――。」


「うん?」


「幸せか…?」




…もう…




二度と、莉茉が俺のものにならないんだって実感したい。




―――徹底的に。


―――完膚なきまでに。




…………打ちのめしてくれよ。






「…ん、幸せだよ。」




恥ずかしそうにはにかむ莉茉に、やっぱり胸は痛むけど…。




「…そっか。」




俺は微笑んだ。




………心から。


0
  • しおりをはさむ
  • 305
  • 4260
/ 440ページ
このページを編集する