寵愛の姫 Ⅱ【完】

夜明け /体温




「……ん。」





ゆっくりと眠りの縁から意識が覚醒していく。




閉じていた瞳を開ければ、目の前には暁の整った寝顔。




「…可愛い。」




安らかな寝顔の暁の頬に思わず、そろりと手を伸ばす。




…………その輪郭を撫でた。





「…夢を見ているみたい…。」




昨日、この人に抱かれたんだ。





つきつきと痛む下腹部が、昨夜の行為を私に知らしめる。



0
  • しおりをはさむ
  • 299
  • 4253
/ 440ページ
このページを編集する