寵愛の姫 Ⅱ【完】

夜明け /熱愛―大雅side―





「…………これで暁の機嫌が悪くなるんだろうな…。」




溜め息を1つ吐き出して、インターフォンを押す。




莉茉ちゃんとの時間を奪いたくは無いけれど、此ばかりは仕方がない。





「……俺、殺されるんじゃないか?」




ふと、最悪な展開を思い浮かべてみる。





もし、



………莉茉ちゃんと暁が良い感じになってたら…。



0
  • しおりをはさむ
  • 314
  • 4272
/ 440ページ
このページを編集する