寵愛の姫 Ⅱ【完】

夜明け /孤独





「…え?大雅さん…?」





騒がしい玄関に首を捻って向かえば、暁と大雅さんが揉めている場面に遭遇した。





「…どうしたんですか?」





近づけば、


…………何故か、ドアに足が挟まれている大雅さんの姿。





「……。」




……これって……




………暁、本当に追い返そうとしてたの!?



0
  • しおりをはさむ
  • 297
  • 4242
/ 440ページ
このページを編集する