寵愛の姫 Ⅱ【完】

夜明け /激甘―大雅side―





「莉茉。」




自分の膝の上に乗せた莉茉ちゃんの顔を覗き込む暁。




「うん?何?」


「夜、どこかに飯でも食いに行くか?」


「本当?」





ぱっと、莉茉ちゃんが顔を綻ばせる。




暁と出掛ける事が本当に嬉しんだろうな。




俺まで微笑ましくなる。


0
  • しおりをはさむ
  • 309
  • 4265
/ 440ページ
このページを編集する