繋ぎ飼われたその果てに【完】

14. セツナのオワリ

タナカさんからメールが来たのは本命の人が来た次の日。


『仕事が落ち着いたから会いたい』


そのメールをいつも通り見せてくれた湯尾君はやっぱり優しい。

私にスマートフォンを貸す際、眉間に皺が寄っているのを見つけたときは愛しさが胸いっぱいに広がった。

タナカさんとの約束は次の土曜日になった。

少し間が空いているのは湯尾君とまとまった時間を一緒に過ごしたかったから。

0
  • しおりをはさむ
  • 2916
  • 2715
/ 590ページ
このページを編集する