繋ぎ飼われたその果てに【完】

あとがき

繋ぎ飼われたその果てに幸せになったっていいじゃない、そんな感じの夢物語です。

自分の周りにはお金がないというだけで色々諦めている人が大勢います。

そんな人を空想上でもいいから幸せにしたいと思って書きました。

勉強したいのにお金がないから進学できない。

夢を追いたいのにお金がないから夢を捨てないといけない。

たとえ努力家で夢もあって人柄も良くても諦めざるを得ない悲しい世の中がなんか嫌だなと思ったのがきっかけです。

そういう人たちに甘っちょろいくらいに優しい話があったっていいじゃん的な。

この話は援助交際を題材に扱っていますが、それを推奨または批判する意図はありません。

湯尾君とのどかには悲しい事情がありますが、援助交際に関わる全ての人がそうだと決めつけるつもりもありません。リスクを受け止めたうえで純粋に幸せな人もいます。

最後に、ここまで読んで下さってどうもありがとうございました。

綿森霧絵

繋ぎ飼われたその果てに【完】

更新開始
2014/06/08
更新終了日
2019/09/13
綿森霧絵
  • しおりをはさむ
  • 表紙へ戻る
    作品タグ:

    作品タグ編集(最大10件)

    • 2916
    • 2715
    このページを編集する