あの子、愛さなくなるまで

あの子愛さなくなるまで /新学期




あれからしばらくして、遂に夏休みが明けてしまった





あの後、吉野とは数回電話でやりとりをしたけど、、





どれも滝谷と涼凪さん関係の内容で・・・特に何の進展も無いまま、新学期を迎えてしまうことになった





もちろん、あたしだってバカじゃないから、、『吉野と付き合いましたぁ、、』なんてことを学校で言いふらすつもりなんてなかったのに・・・






「ちょ、吉野さんが紗綾と付き合ったって話しっ!あれマジなの!?」






どういうわけか、学校に着くなり仲良くもない女子に囲まれて質問攻めにあっている






「吉野って今まで、女の子はカラダの関係無しじゃ、隣歩くことさえ許してくれなかったのにっ」



「どうやってあの吉野を落としたわけっ?!」



「最近、全然遊んでくれないと思ったんだよねぇ・・・紗綾とヤッちゃったら、もう他の女なんて抱けないってこと?」




なんて、彼女たちを放置してたら・・・




根も葉もない噂を流されることは時間の問題だと思った







0
  • しおりをはさむ
  • 389
  • 393
/ 187ページ
このページを編集する